あとで読む

災害時の免責事項

万が一の際に保証金が受け取られるのが生命保険や医療保険です。
しかし契約内容によっては地震・噴火・津波の際には保険金が支払われないケースがあります。
これらは約款やご契約のしおりなどに、災害死亡保険金・災害高度障害保険金の免責事由として詳しく書かれていますのでよく見てから契約するようにしましょう。
しかし先の東北地方太平洋沖地震の際には、多くの保険会社は地震による免責条項等の適用はせずに、災害関係保険金・給付金は全額支払いするという申し出をしました。
実際に規約などをみてみると補足の部分で被保険者の数によっては、全額支払いしたり、削減して支払いしたりすることがあると書いているものもあります。
保険会社にとって想定をはるかに超える保険金の支払いが発生したような際には、本来支払われるべき保険金が受け取れないケースもありますので、注意が必要です。
ちなみに厚生労働省の医療保険についてでは東北地方太平洋沖地震関連で、受診する際の一部負担金等の免除措置の延長についての情報が載せられています。
日本はこうした公的なものの保障があるものの、それだけでは補えない費用もありますので、民間の保険に加入は大切だといえるでしょう。
このほかにも保険会社で免責事項に書かれるものがあります。
例えば入院給付金や手術給付金、先進医療給付金、介護一時金や介護年金等の保障などでしょう。
また終身保険や定期保険で免責事項になるのが「加入後一定期間内の自殺」「契約者や保険金受取人の故意」「戦争その他の変乱」などです。
さらに医療保険のなかには、保険料払込免除特約といわれるものがあります。
これは被保険者が身体障害状態などになり保険料の支払いが難しくなった場合に、保険料払込みが免除され保険契約が継続されるものですが、これも地震や津波が原因で身体障害状態になった場合は免責になってしまうところもあります。
それで免責になるのかならないのかは素人判断では分からない部分もありますので、地震や津波によって被害にあった際はまず、保険会社に電話などをして確認することが必要です。
さらに保険金受取人に対しても、保険の内容や保険会社の連絡先を教えておくのは大切でしょう。
保険会社によっては災害高度障害保険金の詳細を免責事由に記載はしていないところもあります。
何か疑問があるときには保険会社に積極的に質問して肝心のときにがっかりしないようにしたいものです。
Copyright (C)2016医療保険の便利な使い方.All rights reserved.